仕事でライフハックを重視することの見直し

仕事に従事する場合には、いかに無駄を省いて効率よい結果を生み出すかが重視されます。ソフトウェア開発やシステム開発のような情報技術に関する分野でも、無駄を省いてシンプルな仕事ができるかどうかについて、能力を問われます。
情報技術の分野で多くのエンジニアがライフハックに熱心であるのは、論理的で無駄を避ける傾向が強いことが要因としてあります。
情報技術の分野では、いかに仕事を効率的にこなすかというライフハック術が重宝されています。

しかしながら、ライフハックを重視することに、一方でデメリットも存在します。
あまりに効率を求めすぎてしまうと、重要な点について見逃しがちです。
無駄であると考えられることが、必ずしも不要なものばかりであるとは限りません。
遠回りした方がよい結果を生み出すような事もあり、過度な効率化にこだわるエンジニアにとって見落としがちな点です。

効率化を求めるばかりに非効率になるということは、現実にはよくある事です。このような矛盾に陥らないためには、時々は情報技術の職務からは離れて、無駄なことを手がけてみるのもいいものです。休暇を利用して、旅行やアウトドアスポーツを楽しむといった方法もあります。普段職場で成果を上げているエンジニアは、適度な力の抜き具合について熟知しています。何事もバランスが重要であり、過度に効率化にばかり執着しないことが、かえって良い結果をもたらしてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>